ビジネス戦略はコロコロ変わって当たり前と考えるべし

自分で一生懸命に考えて建てたビジネス閃絡
それを修正するのは誰もが嫌なものですよね。
でもビジネス環境はどんどん変化していきます。
そういう状況で、一度作ったビジネス戦略に固執するのは命取りになることもある。
むしろ、一度建てたビジネス戦略を一度他人が作ったもののように客観的に見れるようにする努力は必要かもしれません。
後で見直せば岡日いところも見つかりますし、環境や状況が変わって適合しないところもどんどん出てくるものです。
そんな箇所が出てきたらどんどん変更しても良いのです。

例えば当た名が何かの製品のメーカーだったとします。
今年の主力商品を定めて、どんどん売り出していく戦略を練り上げたとします。
しかし競合他社が自社の製品よりも性能や生産スピードに勝るものが出てきたとしたら太刀打ちできないこともあります。
そんな場合はきっぱりと採捕煮たては戦略はすっぱりと諦めて迅速に他の商品に変更することを考えなければいけません。
ここで最初に考えた戦略に固執し続けると痛い目にあいます。
アフターサービスや営業活動でカバーしようとしても、それにはかなりの努力が必要になります。
そこまでして他社の競合商品に打ち勝つ勝算はどれだけあるんド江消化?
結局、大幅値引きや販売のインセンティブを大きくしない限り、他社の競合商品いはうちかてなっ可能性が大きくありませんか?
ましてや、そんな大幅な値引きや販売のインセンティブなんか会社の経営者がウンというはずがありません。
結局小幅な値引きやほんのちょっとのインセンティブ増額でしたら他社の競合商品とは戦えないのです。
そんなことをしている間に他社の競合メーカーがどんどんその商品のシェアを奪っていくのは目に見えています。

ですから状況に合わせてビジネス戦略を修正していくことに躊躇してはいけません。
ビジネスにおいては負けるが勝ち?のこともよくあることです。
まして消耗戦なら資本力の大きい企業が勝つに決まっています。
だからこそ中小零細企業ほどビジネス戦略はどんどん変えていくことがいいのです。
ロレックス 形見 ボロボロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です