たとえそれが欠点でもギャップこそがあなたの最大の魅力です。

完璧な人間でも現実はつまらないものです。
ですから、あえて完璧を目指さないことも大切ではないでしょうか。
足りない部分が見えるからこそ、そこに人はより人間味や親しみを感じます。

とても几帳面でしっかりした性格なのに、意外とおっちょこちょいでガラスの扉に突進して衝突してしまったりしたら・・・
とても強い男性が、犬が苦手で小さなチワワに吠えられただけで逃げ出したりしたら・・・
そんなギャップにきゅんとしませんか?

人に迷惑をかけるような癖や性格はもちろん治さなくてはいけませんが、まわりのい人が「クスッ」と笑えるような欠点であればわざわざ直す必要はないと思います。
逆にそのほうが、その人の深みとンまり、欠点があることがかえって魅力にもなります。
欠点はあえてそのままにして、良い部分をさらに伸ばす方が断然良いことだと思います。
あなたが欠点だと思っていることでも、あえてそれはそのままにして、人から褒められるようなところはどんどん磨いていきましょう。
そうすれば、さらに良いところと悪いところのギャップが多き憂くなり、良いところがさらに強い印象を放つことになります。

意外とあなたが自分の欠点だと思っているところって、相手からすれば欠点だと思ってはいないものです。
その欠点こそがあなたの最大の魅力なことも多いのです。

完璧な人ほど意外とモテません。
そもそもそんな完璧な人なんていません。
だからこそ、完璧を目指す必要はあまりないのです。
でも、欠点はあくまでスパイスでしかありません。
長所があってこその欠点なんです。
そのあたりは勘違いしないでください。

自分の良いところ
自分の悪いところ
それをしっかりと認識しておくことが大切です。
決して自分の欠点に甘えてはいけません。

大きな長所があってこそ、そのあなたの欠点も魅力的に見えるようになるのです。
だからこそ自分の長所は日ごろからできるだけ磨く努力を怠ってはいけません。
それってほんとに他人よりちょっとだkでいいから優れているポイントだけでいいのです。
クリアネオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です