林檎という言葉を聴いて先ず頭に浮かぶのは白雪姫の童話です。

もともとはドイツの民話に基づいているようですが、なぜ西洋林檎がドイツの民話に登場するのかを不思議に思っています。西洋林檎は、原産地がトルコあたりであるらしく、数千年の歴史があるといわれています。ドイツに西洋林檎が持ち込まれた経路としては多くのルートが考えられます。ギリシャなのか、ローマ帝国なのか、十字軍なのか、ルネッサンスのイタリアなのか、オスマントルコなのか、あるいは大英帝国なのか。民話から童話になった時点で、美しく童話映えするとともに恐ろしい殺人手段となる西洋林檎が登場したのかもしれません。医者要らず言われた栄養豊富な西洋林檎が最初に量産された西洋の地は英国のようです。白雪姫童話に類似する話は、アイスランド、アイルランド、スコットランド、フランス、イタリア、スイス、オーストリア、スペイン、ギリシャ、ハンガリー、ポーランド、ロシア、インドなどにもあるようです。ほぼ全欧州にまたがっています。日本では、西洋林檎の栽培は明治になってから本格的に始まりました。我が国の主な林檎産地は、青森県、長野県、および岩手県であると思います。明治に導入されてから瞬く間に品種勾配などで多くの特長ある品種が創られきました。日本に一旦導入すると、気が付いたときには本場のものより優れたものができていることが多いと、海外からよく言われますが、そのような状況になっていると思います。政府には、農家が苦労して開発した新品種を外国に無断に栽培されないよう、しっかりと新品種防衛に取り組んでいただきたいと思います。我が国の果物の改良と言えば、甘柿の話があります。奈良時代に、柿が中国から輸入されるようになりましたが、これらは全て渋柿であったようです。中国においても、日本においても、渋柿しかなく、全部渋抜きをして食べていたようです。日本では、渋柿の木のなかから渋がなるべく薄い木を選んでは育てるということを繰り返すことによって、何年もかけて甘い柿しかならない甘柿を作りだしたそうです。これは、現在のような遺伝子改良的な取り組みではなく、何世代もの人々が年月をかけることによって甘柿を創りだしたということになります。林檎の話から外れてしまいましたが、あまり世の中に知られていないようなので述べさせていただきました。
青森りんご 通販

満たされている女ほど自分の男の自慢はしない

自分お彼氏の自慢ばかりしている女友達ってあなたのまわりにいませんか?

確かに自慢したい気持ちもわからなくはないですが、それって自分に自信がないことの裏返しのように私は感じるんです。、
自分の女友達に自分の彼氏を自慢することで、自分お満たされない気持ちを一生懸命に埋めようとしている風に私には見えるのはおかしいですか?

もちろんハッピーな話は誰でもまわりに話したくなるものでエス。
それはたとえまわりの女友達に真剣に聞いてもらえなくても、さほど気にはなりません。
話すことで自分お心の中にそれが思い出されることで超ハッピーな気分に自分がなれるからです。

でも、それって話す女子絵によって自慢話も大きく変わることを知っておいてください。

たとえば100%満たされている女性の彼氏の自慢話は、聞いていおるまわりの人も意外とハッピーな気分医なるものです。
ぜんぜんその彼氏の自慢版死骸闇にならないのです。

しかし、満たされてない女性の彼氏の自慢話って、押しつけがましいくて鼻につくのです。
なぜなら、その女性は自分の満たされない気持ちを少しでも補おうとしてまわりに自慢をしているからです。
自分の空虚感を埋めるための自慢話は、第三者が聞いたら
「ああ、また彼氏の自慢か」
と思うだけのつまらない話なのです。
空虚感を埋めるために
「ねえ、きいちぇ、聞いて」
と聞きたくもない相手にさえ強要するものです。、

満たされている女性の彼氏の自慢話は意外と自虐的な話が多いものです。
「普段はいいカッコしているけど、こんな変な人なのよ」
と自分の彼氏の欠点やマヌケな話を面白おかしくは名図ものです。

これは確かに自分の彼氏の自慢話でもありますが、彼の成功談ではなく間抜けな失敗談を肩有れることは裏を返せば
彼女の余裕であり、彼の余裕でもあるのです。
こんな話ができるというのが彼も彼女も満たされている証拠でもあります。

ですから、彼の自慢話をする時には
「私は100% 満たされてるのかしら?」
そう自分に一度問いかけてみてください。
自分の心の隙間を埋めるための彼の自慢話を帰化されるほうはたまったものではないからです。
チャットレディ スランプ

菌活ってプチ肌断食

お肌の菌活って、要するに美肌菌を大事に大事に飼育して天然の『お肌の活力』を蘇らせるって活動のことを言います。

つまりは、素の状態のお肌の活力をあげようということです。

では、どうやって?

というのが気になるところですよね。

ここは『答えだけなら』簡単なんです。

美容成分で甘やかされたお肌に対する援助をやめて、自力で頑張ってもらいましょう!

というのが答えです。

これがいわゆる『肌断食』の考え方なのですが、これを実際にやろうとすると容易なことではありません。

いままで甘やかされていた肌から急に美容成分を取り上げると、すでに活力が失われた肌が自分で頑張る分でしかお肌が活性化しないので、素人が見よう見まねでやると酷いことになってしまうのです。

『肌断食は一時的にどうしてもお肌が悪化するから』という言葉を信じて今まで美容成分に甘やかされたお肌からの『本当のSOS』を見逃してしまうと、取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

そして、厄介なことにこの『肌断食をはじめたことによる一時的な状態の悪化』と『本当のSOS』は皮膚科の専門医ですらも正確に診断することは容易ではないと言われていて、当然のことながら素人が判断できることではありません。

だから、難しいのです。

なので、よくやられるのが『プチ肌断食』で、これは1週間とかに1日とか2日だけスキンケアをしないで、意図的にお肌に一時的な飢餓を与えてお肌の活力を少しでも蘇らせようとする美容法になります。

これだと、肌断食よりもゆるやかでお肌への負担も少ないのでリスクが少なくなるです。

そして、この肌断食とかプチ肌断食で重要になってくるのが『お肌の自活力』で、これを得るには美肌菌などの活動にも注目する必要があります。

美容成分を意識的に補充しないのですから、必要な美容成分は自前でなんとかするしかなく、自前で何とかするということはそうしてくれる何かが必要だということです。

こんな美容法もあるので、ご興味のある方はもっと調査してみてもいいと思いますよ。

たとえば、下でご紹介するようなアイテムがいわゆる菌活アイテムになります。

アピナチューレWリッチローション 最安値

冬のオールインワン

秋から冬にかけて空気が乾燥します。

女性の多くがお肌で季節を感じる時期ですね。

「さて、今年の冬は何を使おうかな?」

それを考えるのも楽しいというひともおられると思いますが、熱心にスキンケアに励まないといけない季節なので『めんどう……』とお思いになる方もおられると思います。

実際、スキンケアを本気でやろうとするとかなり手間暇をかけないといけないので普段マメな方でも面倒に感じる瞬間は出てきます。

なので、こういうときにも便利なオールインワンの使用をおすすめしたいです。

オールインワンというと、『手間暇かけず』『時短』できるのが最大の長所なので、そこを有効に使いましょう。

でも、オールインワンはどうしても効果が薄い気がして……。

そう、お思いの方もおられると思います。

そして、それは間違っていません。

やはり、オールインワンの長所は広く浅くなので、やはり専用の美容液に比べれば特定の症状の改善に関しては一歩後れを取ります。

しかし、そのぶん広い。

専用の美容液は特定の症状の改善には向くのですが、当たり前ですが1つのことにコミットさせているからの『専用』と『効果』なので、その他は一切カバーしてくれません。

なので、本来は『時短』などを希望していなくとも、日ごろのスキンケアラインの中にオールインワン系のアイテムを1つ挟んでおくことがおすすめです。

それによって、問題が発言する前に最低限のカバーはしてくれるからです。

そして、そういった長所はやはり秋冬のスキンケアにも生きます。

秋冬は乾燥する時期なので『保湿力』が絶対にいります。

乾燥小ジワも見た目の老化を加速させて来るので、やはり『シワ対策も』もしたい。

さらに加えて、夏に蓄積した紫外線ダメージの回復も行わないといけないので『美白効果』も欲しいです。

そういったことを考えると、最近出た薬用オールインワンにちょっと注目です。

オールインワンでは薬用の対シワアイテムは今までにありませんでした。

そこに注目した17skinがシワに効果がある薬用オールインワンとして17skin薬用リンクルオールインワンをリリースしてきました。

『保湿』『シワ』『美白』がカバーされ、まさに秋冬に使ってくれと言わんばかりのアイテムになっています。

初めて知ったという方は、下のリンクからぜひチェックしてみてください。

17skin オールインワン 最安値