ファンデなのに多機能

この一年、マスクをすることが当たり前になってきたことと思います。

マスクは息苦しかったり、着脱の繰り返しで乾燥による大きなダメージを口まわりのお肌に与えたりとできればつけたくないものですが、つけたくないからとつけない訳にもいきません。

コロナを防ぐ方がはるかに重要です。

そんな中で、女性にとっては非常に厄介な問題があります。

マスクの中……ボロボロですよね?

そして、マスクも溶けたファンデでぐちゃぐちゃ。

割とよくある光景です。

なるとげんなりしますよね?

しかし、そういう問題があるとわかれば、それに対応したアイテムも開発されます。

今日ご紹介したいのは、そんな問題をお抱えの方注目の、ブライトUVクリームです。

ブライトUVクリームはKF製薬が出しているブランドFACEEの医薬部外品アイテムになります。タイプ的にはクリームファンデーションです。

このブライトUVクリームはマスク汚れに強いという特徴もあり、昨今ではアイテムの機能次第で第一選択肢にしたい化粧下地の条件を有しています。

そのうえ、『SPF50+ PA++++』という国内最高レベルのUVクリームとしての機能も持ち、『6種の美容成分』や美白成分も配合され、なおかつコンシーラ、ファンデーション、仕上げ用パウダー不要という多機能ぶりです。

これを使わない理由も見当たりません。

製薬会社が出しているアイテムだけあって、医薬部外品としてメラニン生成を抑制するトラネキサム酸や、抗炎症効果があるグリチルリチン酸ステアリルが配合されていて美白効果に関しては、特に期待できる設計です。

お目の高い方だと、グリチルリチン酸2Kじゃなくグリチルリチン酸ステアリルなところも注目に値するかと思います。

ですので、もし貴女がいまマスクによるメイク崩れにお悩みでしたら、下記リンク先の記事にこのブライトUVクリームの説明がありますので、一読されることをおすすめいたします。

ここまで多機能でメイク崩れに強いアイテムであれば、お肌に合うかどうかを試してみる価値はあると思うので、お悩みの方は是非試してみることを……少なくともどんなアイテムかは見ておくことをおすすめいたします。

ブライトUVクリーム

お肌の乾燥が気になったら……

最近とても寒くなってきましたが、それとともにお肌のツッパリなども気になるようになってきました。

お肌どころか、朝起きて喉がイガイガとして保湿機の購入を本気で考えたくなるくらいに空気が乾いていると感じます。

当然、お肌も水分を失いガビガビのパツパツといった感じですよね。

これは、その瞬間だけの問題ではなく、いわゆる年齢肌というものにも繋がっていきます。

年齢肌というものは瞬間のダメージでなるものではなく、ダメージの蓄積によって引き起こされるものだからです。

なので、一時の乾燥に耐えれば……というものではなく、わかっている乾燥期には必ず対策をとる習慣を持ちましょう。

それが、貴女のお肌の十年後を大きく左右します。

では、どういった対策を取ればいいのかというと、やはり保湿力の高さにそういった時期は注目していただきたいと思います。

ただ、保湿だけ……というと、他のスキンケアもしなくてならなくなってとても大変だと思います。

1日やればいいというものではなく、日々継続していく必要があるからです。

乾燥の激しい季節ほど重要ではなくなっても、お肌にとって保湿は1年中重要なケア要素ですので、そのあたりも考慮に入れながらスキンケアラインのアイテム選びをするととてもいいでしょう。

もちろん、季節ごとにアイテムを変えるといったことは有効な対策だと思います。

ただ、誰もがそれができる資金と時間が潤沢にあるわけではありません。

そこで、特に保湿力に定評のあるオールインワンジェルであるエトワールボーテをご紹介しておこうと思います。

エトワールボーテはアンチエイジングを見据えたスキンケアアイテムです。

お肌への浸透力にも工夫を凝らし、美白成分や4種のセラミドをお肌の奥へと届けます。

そして、口コミでも保湿力が非常に評価されています。

保湿力があってオールインワンタイプのアイテムで……って、お肌の乾燥が気になるけれどもお肌の手入れまでなかなか時間を使えないという方にもってこいのアイテムだと思いませんか?

最近、こういった便利アイテムが結構な数出ているので、いつも使っているアイテム以外にも目を向けて、より自分にとって良いスキンケアを探してみるのも悪くないかもしれません。

エトワールボーテ