40・50代からキレイを目指すには・・・

街を歩いてると、若くて綺麗な女性にも遭遇するのですが、
最近だと年齢を感じさせない落ち着いた綺麗な女性に遭遇します。

40や50才以上なんですが、落ち着いた綺麗さ。

派手目な服装ではないのですが、オシャレ感もある。

化粧も濃くはないのですが、キレイに化粧をしている感じ。

オーラとしても、うるさいおばちゃんみたいな雰囲気は感じません。

そんな感じの綺麗なおばさんを見るようになりました。

 

例えば、自分が子供の頃を思い出すと全然見かけなかったような気がします。

親の知り合いとかを見ても、キレイというよりは、優しい・明るい・・・とか内面的なものばかり。

外見は全く身に覚えがありませんでした。

自分の環境もありますが、女性の美意識が高くて以前よりお手入れをしている女性が多いのだと思います。

 

今は簡単に化粧水や健康食品もすぐ買えます。

情報も入ってくるので、こういった食品が美容に良いとかも理解している人が多いです。

 

熟女ブームという言葉もありましたが、綺麗な年配な女性も明らかに増えていると思うんですよね。

芸能人を見ても、「え?50代!??」と驚く人が多数。

50代の芸能人を調べてみてください。キレイですから。

美魔女と言われる方がテレビにも出てた事がありましたよね。

娘と姉妹のような・・・とても親子に見えないのです。

こんな女性になりたいのです。

落ち着いた雰囲気の女性になりたいなーと憧れてしまいます。

 

では、綺麗な40代や50代の女性たちは何をしているのでしょうか?

全くお手入れをしない人もたまにはいますが、殆どが自ら気をつけているのです。

そして、している事を取り入れると一歩近づくはずです。

 

まずは、自分の体の状態を知りましょう。

私が最初に考えたのは体のチェックです。

例えば、水分が足りなければ・・・代謝が下がります。

若い頃より年々代謝は下がるものですが、自らその代謝を下げては良くないことばかり。

冷え性、肌荒れ、体重の増加、老廃物の増加・・・等、色んな症状が出ます。

是非、自分の体の状態を知って自分に適したお手入れをしてくださいね。

するかしないかで、変わるのです。

綺麗なおばさんになる為の方法を色々まとめてるのでチェックしてください。

年齢を重ねていくと、シミ・小ジワも気になりますよね。

若い子の美容ではなく、年齢にあった美容を実践して、美魔女を目指してがんばりましょう。

コーセーコスメニエンス メイクキープミストEXの販売店で一番安いのは?

コーセーコスメニエンス メイクキープミストEXはアットコスメのランキングでも上位に入るほどの
人気のコスメでマスク着用によるメイクのヨレを防止してくれる機能があるミストスプレーです。

通常価格では、1320円で購入することができます。
またトライアルも880円で手に入れる事ができますが、
もっとお得に安く購入できるショップはないのか気になりますよね。

そこで、最安値で購入できそうな通販ショップの楽天・アマゾン・ヤフーショッピングでの
取り扱いがあるのかどうかと、値段を一緒に調べてみる事にしました。

コーセーコスメニエンス メイクキープミストEXの値段は以下の通りです。

・楽天
1360円(税込)送料無料 80ml

・アマゾン
1260円(税込)送料無料 80ml

・ヤフーショッピング
1635円(税込)送料無料 80ml

コーセーコスメニエンス メイクキープミストEXを楽天・アマゾン・ヤフーショッピングの値段を比較すると
一番お得な値段で購入できるのはアマゾンの1260円(税込)送料無料になります。

通常価格よりは60円安いですがそんなにお得感を感じないので
普段からアマゾンで購入している方だけはポイントも貯まるしお得かと思います。

その他の方は薬局などでセールになっているときに購入する方がいいですね。

中古品でもいいから試すだけに使いたいって方や
もっと安い値段で購入できないの?って方にはメルカリ、ラクマでの購入もありですよね。

中古品が格安で手に入る可能性が高いのでそれぞれの最安値を調べてみました。

・メルカリ
490円(税込)送料込み 残量1/4程度

・ラクマ
1120円(税込)送料込み 残量3/4程度

メルカリでもラクマでもコーセーコスメニエンス メイクキープミストEXの
中古品での出品がありました。

もし、コーセーコスメニエンス メイクキープミストEXがお肌に合うか試したい方は
メルカリで490円と安く手に入れて気に入れば
新品をアマゾンや薬局などでお得に購入するとお財布に優しいお買い物ができるのではないでしょうか?

葡萄樹液ジェルの販売店はどこなの?

ヒト幹細胞培養液エキスのすすめ

化粧品の成分として、さいきんヒト幹細胞が流行っていますよね。

でも、みなさん。ヒト幹細胞って何かわかりますか?

幹細胞とは、『自己複製能と様々な細胞に分化する能力(多分化能)を持つ特殊な細胞』のことで、『ヒト幹細胞』『植物幹細胞』『動物幹細胞』と3つの種類に便宜上わけられています。

化粧品成分としては、とくにおすすめされているのが『ヒト幹細胞』です。

化粧品成分としては、『ヒト幹細胞培養液エキス』などの名前で入っていますよね。

ただ、この名前の通り、化粧品に使われているのは『ヒト幹細胞そのもの』ではありません。使われているのはあくまでも『培養液エキス』です。

医療機関などでは、人間の皮下脂肪から幹細胞を分離して培養し、数千個から一億個に増やしてカラダに戻す治療があるとのことです。

そして、この治療工程で幹細胞(ヒト幹細胞)を培養する際に使われた培養液(上澄み液)には、多くの成長因子が含まれていることが知られており、この培養液が化粧品に使用されているのです。

つまり、ヒト幹細胞とは再生医療の現場で治療に使われているもので、ヒト幹細胞培養液エキスは、そのヒト幹細胞の活力をおすそわけしてもらってお肌の活性化に使用しているというわけです。

老化によって活力を失ったお肌にヒト幹細胞由来の成分を与えると、活力を失いつつあるお肌の幹細胞の働きを助けたり、ターンオーバーのスピードを回復したりすることがわかってきたからです。

だから、さいきんはヒト幹細胞、ヒト幹細胞と、エイジングケア新製品の主要成分の一つとして使われることが多くなってきているのですね。

実際、幹細胞の活力はお肌の老化と濃密な関係があるので、そのお肌の幹細胞に活力を与えることは若々しいお肌を目指すには必須と言えるでしょう。

なので、もしあなたがお肌のハリやシワ、色素沈着などのエイジングサインにお悩みでしたら、ぜひとも注目して欲しい美容成分がヒト幹細胞培養エキスです。

そんなヒト幹細胞培養液エキスを高濃度配合した美容液がRebionのビューティファンクションです。

ご興味のある方は、下記リンク先の記事も要チェックです。

ReBion ビューティーファンクション

林檎という言葉を聴いて先ず頭に浮かぶのは白雪姫の童話です。

もともとはドイツの民話に基づいているようですが、なぜ西洋林檎がドイツの民話に登場するのかを不思議に思っています。西洋林檎は、原産地がトルコあたりであるらしく、数千年の歴史があるといわれています。ドイツに西洋林檎が持ち込まれた経路としては多くのルートが考えられます。ギリシャなのか、ローマ帝国なのか、十字軍なのか、ルネッサンスのイタリアなのか、オスマントルコなのか、あるいは大英帝国なのか。民話から童話になった時点で、美しく童話映えするとともに恐ろしい殺人手段となる西洋林檎が登場したのかもしれません。医者要らず言われた栄養豊富な西洋林檎が最初に量産された西洋の地は英国のようです。白雪姫童話に類似する話は、アイスランド、アイルランド、スコットランド、フランス、イタリア、スイス、オーストリア、スペイン、ギリシャ、ハンガリー、ポーランド、ロシア、インドなどにもあるようです。ほぼ全欧州にまたがっています。日本では、西洋林檎の栽培は明治になってから本格的に始まりました。我が国の主な林檎産地は、青森県、長野県、および岩手県であると思います。明治に導入されてから瞬く間に品種勾配などで多くの特長ある品種が創られきました。日本に一旦導入すると、気が付いたときには本場のものより優れたものができていることが多いと、海外からよく言われますが、そのような状況になっていると思います。政府には、農家が苦労して開発した新品種を外国に無断に栽培されないよう、しっかりと新品種防衛に取り組んでいただきたいと思います。我が国の果物の改良と言えば、甘柿の話があります。奈良時代に、柿が中国から輸入されるようになりましたが、これらは全て渋柿であったようです。中国においても、日本においても、渋柿しかなく、全部渋抜きをして食べていたようです。日本では、渋柿の木のなかから渋がなるべく薄い木を選んでは育てるということを繰り返すことによって、何年もかけて甘い柿しかならない甘柿を作りだしたそうです。これは、現在のような遺伝子改良的な取り組みではなく、何世代もの人々が年月をかけることによって甘柿を創りだしたということになります。林檎の話から外れてしまいましたが、あまり世の中に知られていないようなので述べさせていただきました。
青森りんご 通販

菌活ってプチ肌断食

お肌の菌活って、要するに美肌菌を大事に大事に飼育して天然の『お肌の活力』を蘇らせるって活動のことを言います。

つまりは、素の状態のお肌の活力をあげようということです。

では、どうやって?

というのが気になるところですよね。

ここは『答えだけなら』簡単なんです。

美容成分で甘やかされたお肌に対する援助をやめて、自力で頑張ってもらいましょう!

というのが答えです。

これがいわゆる『肌断食』の考え方なのですが、これを実際にやろうとすると容易なことではありません。

いままで甘やかされていた肌から急に美容成分を取り上げると、すでに活力が失われた肌が自分で頑張る分でしかお肌が活性化しないので、素人が見よう見まねでやると酷いことになってしまうのです。

『肌断食は一時的にどうしてもお肌が悪化するから』という言葉を信じて今まで美容成分に甘やかされたお肌からの『本当のSOS』を見逃してしまうと、取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

そして、厄介なことにこの『肌断食をはじめたことによる一時的な状態の悪化』と『本当のSOS』は皮膚科の専門医ですらも正確に診断することは容易ではないと言われていて、当然のことながら素人が判断できることではありません。

だから、難しいのです。

なので、よくやられるのが『プチ肌断食』で、これは1週間とかに1日とか2日だけスキンケアをしないで、意図的にお肌に一時的な飢餓を与えてお肌の活力を少しでも蘇らせようとする美容法になります。

これだと、肌断食よりもゆるやかでお肌への負担も少ないのでリスクが少なくなるです。

そして、この肌断食とかプチ肌断食で重要になってくるのが『お肌の自活力』で、これを得るには美肌菌などの活動にも注目する必要があります。

美容成分を意識的に補充しないのですから、必要な美容成分は自前でなんとかするしかなく、自前で何とかするということはそうしてくれる何かが必要だということです。

こんな美容法もあるので、ご興味のある方はもっと調査してみてもいいと思いますよ。

たとえば、下でご紹介するようなアイテムがいわゆる菌活アイテムになります。

アピナチューレWリッチローション 最安値

冬のオールインワン

秋から冬にかけて空気が乾燥します。

女性の多くがお肌で季節を感じる時期ですね。

「さて、今年の冬は何を使おうかな?」

それを考えるのも楽しいというひともおられると思いますが、熱心にスキンケアに励まないといけない季節なので『めんどう……』とお思いになる方もおられると思います。

実際、スキンケアを本気でやろうとするとかなり手間暇をかけないといけないので普段マメな方でも面倒に感じる瞬間は出てきます。

なので、こういうときにも便利なオールインワンの使用をおすすめしたいです。

オールインワンというと、『手間暇かけず』『時短』できるのが最大の長所なので、そこを有効に使いましょう。

でも、オールインワンはどうしても効果が薄い気がして……。

そう、お思いの方もおられると思います。

そして、それは間違っていません。

やはり、オールインワンの長所は広く浅くなので、やはり専用の美容液に比べれば特定の症状の改善に関しては一歩後れを取ります。

しかし、そのぶん広い。

専用の美容液は特定の症状の改善には向くのですが、当たり前ですが1つのことにコミットさせているからの『専用』と『効果』なので、その他は一切カバーしてくれません。

なので、本来は『時短』などを希望していなくとも、日ごろのスキンケアラインの中にオールインワン系のアイテムを1つ挟んでおくことがおすすめです。

それによって、問題が発言する前に最低限のカバーはしてくれるからです。

そして、そういった長所はやはり秋冬のスキンケアにも生きます。

秋冬は乾燥する時期なので『保湿力』が絶対にいります。

乾燥小ジワも見た目の老化を加速させて来るので、やはり『シワ対策も』もしたい。

さらに加えて、夏に蓄積した紫外線ダメージの回復も行わないといけないので『美白効果』も欲しいです。

そういったことを考えると、最近出た薬用オールインワンにちょっと注目です。

オールインワンでは薬用の対シワアイテムは今までにありませんでした。

そこに注目した17skinがシワに効果がある薬用オールインワンとして17skin薬用リンクルオールインワンをリリースしてきました。

『保湿』『シワ』『美白』がカバーされ、まさに秋冬に使ってくれと言わんばかりのアイテムになっています。

初めて知ったという方は、下のリンクからぜひチェックしてみてください。

17skin オールインワン 最安値

今日日の婚活事情

最近では以前と婚活事情が変わってきている。

それこそ昭和の頃から比べれば、信じられない変化具合だ。

昔は恋愛どころか、親の決めた相手なんてことも普通にあった。

世話焼きのおばさんが活躍するのはその後ぐらいだ。恋愛かお見合いかという時代は比較的短かった印象がある。

当り前だが、親の決めた相手という時代が一番長かっただろう。

でも、恋愛とお見合いの時代がいまの壮年たちの時代で、この時期はある意味恋愛事情には恵まれていたのではないかと思う。

便利すぎず不便すぎず、そして自由も昔と比べれば格段にあったのだから、『恋愛が面白い』時代ではあったと思う。

これ以降だと、便利すぎて恋愛に趣というものは失われてくるので、その点だけは若い子たちはちょっと可哀そうという気もしなくはない。

ただ、その子たちは当然のことながら彼ら彼女らの青春を楽しんでいるので、こんなことを言ったら『これだから老害は』と怒られてしまうだろう。

彼らの言葉には一理も二理もあるのだから反論はできない。

ただ、それでもおじさんおばさんには同意してもらえるのではないかと思う。

それに、これはあくまでも趣の話であって、便利になったことは良いことなのだ。

少し前には結婚相談所なんて市場が結構活発になったりしていたが、最近ではこれが更に進化してきた。

昔は出会い系なんて言われて、まあ決して良いことに使われなかったネットアプリを使ったサービスががちんこの婚活活動に使われるようになってきたのだ。

そんな話を聞いて、実際の使用状況などを調べてみると度肝を抜かれた。

若い連中は、本当になんの抵抗もなく使っている。

そして、そこから恋愛をして実際に結婚をしている。

世の中の変わるスピードはなんと速いことかと感じずにはいられない話だ。

明治大正の時代の人から見れば、昭和の恋愛事情もずいぶんあか抜けた感じに見えただろう。

昭和の人間から見れば、平成の恋愛事情はだいぶ変わったように感じた。

それが令和にまで来ると、もう接点がないに等しいレベルで違う。

変わっていないのは、『男と女が恋をして結ばれること』だけだ。

ブライトマッチ 審査

エレガントなオールインワンジェル

2021年5月18日にTENSHIから発売されたオールインワンジェルをごぞんじですか?

これから秋も深まり空気が乾燥してくる季節で、お肌の保湿が悩まされます。

夏に浴びた紫外線が牙をむいて、お肌にシミを作ったりもします。いわゆる『お肌の秋枯れ』ですね。

そんなときに使いたいのがTENSHIの『シロクナーレ』なんです。

エイジングケア主体のオールインワンジェルで、プラセンタとグリチルリチン酸2Kが配合されています。

そして、他にも真珠エキス・紫根エキス。ツボクサエキスなども配合されているのですが、このなかの紫根エキスの色がジェルの色に反映されていて、なんとも高級感を感じるジェルなんです。

おまけに、それを意識したのかポットも非常にエレガントなデザインになっていて、見た目的にもものすごく高級感のあるアイテムになっていたりします。

人によっては、見た目買いしても不思議ではない感じですね。

もちろん、中身の方もその見た目に相応しいものになっていて、福岡で非常に人気のあるGRACIAクリニックの樋口院長も推奨しているほどのアイテムだったりします。

これからの乾燥する空気と、秋に放置してはいけない夏に受けたダメージケアを行うには最適なスキンケアアイテムだと思います。

ここで手を抜くと次の季節で後悔することになりますからね。

ハリを失い、肌も荒れ、乾燥して化粧ノリも悪くなる……それどころかシワや毛穴トラブルにまで発展していってしまうかもしれません。

やはり、30歳を越えるとどうしてもお肌は活力を失っていきますので、なにがしか手を貸しやらないと美しさは保てなくなってきます。

なので、この秋冬はシロクナーレを使って、保湿とダメージケアをしてみませんか?

春になった時に、再び輝く貴女でいるために、いまお手入れを頑張るべきです。

まして、シロクナーレはオールインワンですので、ケアは非常にお手軽です。

ぜひ、見た目もエレガントで中身もエレガントなシロクナーレで楽にお肌の美しさを手に入れましょう!

シロクナーレ 最安値

おせちの起源

おせち料理の起源をご存じですか?

毎年何げなく食べるおせち料理ですが、その起源はなんと弥生時代にまで遡ります。

『節』という季節の変わり目に神様に捧げたお供え物『節供』という風習が元なのです。

そして、その風習は中国伝来です。

おせちというと、いかにも日本起源のもののような気がしますが、実は中国起源。

調べたときは、ちょっとビックリしましたね。私もおせちは日本生まれのものだと思っていましたので、思わず「へぇ~」と声を漏らしてしまいました。

ただ、定番としていまのおせちの形に近い状態になったのは江戸時代後期で、この頃になると新年を祝うという今の形になっています。

ざっくりと弥生時代からの経過を語ると……

奈良時代から平安時代にかけて、祭事として宮中行事に用いられるようになって、徐々にポジションを固め始めます。

この頃は、節目の日である節日に、邪気を祓い、不老長寿を願う儀式として「節会(せちえ)」が催され、「御節供(おせちく)」と呼ばれるお祝い料理が振る舞われていました。

この時代は、五節句のお祝い料理すべてが『御節供』と呼ばれていました。

そして、江戸時代になると五節句は祝日として定められ、幕府の公式行事として位置付けられます。

庶民の間にも『御節供』が民間行事として広まっり、1年に5回ある節句で豪華な料理がふるまわれるようになっていきました。

さらに時がたち江戸時代後期になる頃、すでにお話ししたように新年を祝う料理という意味も加えられるようになり、今の形になっていきます。

私はてっきり、一族が集まるから集まってから作っていたらとても間に合わないという事情あたりから生まれたものかと漠然と思っていたのですが、まったく違いました。

祭事の供物が由来だというのは割と衝撃的な事実ですね。

昨今では、おせち料理もひと昔ほどは食べない人が増えてきていると思いますが、こうして由来を調べると、良い新年を迎えるにはやはりおせち料理は欠かせないのかと思わされます。

夏も終わり、そろそろおせち料理の先行予約がはじまる季節です。

良い年を迎えるために、あなたもおせち料理はいかがですか?

おせち 2022 二人用

教育の格差

子供の教育費をどこまでかけるか。

これが最近の夫婦の会話のお題。主人は塾や勉強にかける教育費はあまり親からかけるものではないとの考え。私は、出来るだけはやいうちから教育にお金をかけて出来るだけ選択肢を増やしてあげたいと思っている。どれが正解でどれが間違いかはわからない。だけど住んでいる場所は地方の田舎。教育も最先端ではない。それを考えると子供が高い志をもって頑張りたいと思ってもサポートなどが無いとなるとその夢は夢で終わってしまう可能性が高い。高い志があるならばそれをかなえられる道を照らしてやるのが親ではないか。そう主人に言うのだが、主人の言い分は私のエゴだという。エゴ?なぜ?と聞くと私の夢が夢で終わっていることを知っているのでそれを子供に押し付けているという。自分の中でそうではないと思っても主人からはそう見えるらしい。何か私の考えを否定された気分だ。だけど、当の子供はかなり頑張りはいるだろうけれど高い夢を持っている。それを聞くと全力で支えてあげたいと私は思っている。だけど教育の質から言うと都会に比べると地方はかなり低い。周りの環境もかなりレベルが低い。だから東大やレベルの高い学校を目指して進学する子が多いのは都会の方が多いのだろう。地方ではその学年に1や2人が関関同立に行くぐらいのレベル。塾もこういうと失礼だけどかなり低い。みんな塾に行っているが半分以上が塾の格好の餌食になってる気がしてならない。仮にそうであっても費用対効果で効果が出ていればいいが、ほとんどがそのままその塾で浪人。なんどかチャレンジしてだめならレベルを下げて、夢が夢になっていく。それはどうにか阻止したい。そうすると早いうちから環境の整ったが学校に(都会の方)進学するのがいいのではないかと思っている。頑張りたい気持ちがあっても周りの環境が下降なら無理に近い。よっぽどそれをはねのける力があれば別だが、ほとんどの子がそのまま下降してしまう。
国の教育の格差をなくしましょうと言っているが我が子に関わってくるときに間に合うとは思えない。それならば親が整わすべきではないかと思う。今夜もまた、お酒を飲みながら国会なみの討論が繰り広げられるだろう。テックキッズスクール オンライン プログラミング